梅田の脱毛サロン・医療脱毛クリニックの口コミが気になる

生まれつき毛深かった私。生まれてまもなくあまりの髪の毛の多さに驚いた祖母が、髪質が変わればいいと母に無断で髪の毛を全部剃ってしまうほど毛量が多く、その上毛質が硬いこともあって小さい頃から毛深いことで親に心配をかけていました。それでもそういったことをあまり気にしない性格が良かったのか、学校に入るまでは自分が毛深いことをそんなに悩んでもいませんでした。
学校に入りほかの人たちと接する機会が多くなると、毛深いことでほかの人たちから言われることが増え、次第に気になるようになりました。小学校低学年の内は毛深いけど可愛らしいキャラクターのあだ名を付けられていただけだったのでまだ良かったのですが、年齢が上がるにつれてからかいはいじめに変わっていきました。小学校高学年になると髪の毛の中に消しゴムのカスを飛ばして出てくるかどうかといった賭けをされていたり、夏、半袖短パンになるとわざわざ毛深いことをからかってみたり。
中学になると冬服はストッキング着用になるのですが、ストッキングからはみ出してきたスネ毛をジャングルだ、密林だと冷やかし、ゴリラやライオンなど毛深い動物に例えて笑われたこともあります。処理すれば良かったのかもしれませんがその当時はみんなムダ毛をひっそり処理していることも知りませんでしたし、母から若いうちは体に手を加えるなと言われていたのでそれを守って処理していなかったのです。
からかいはどんどんいじめへと変化していき、中学を卒業する頃には毛深い自分が嫌になっていじめから逃れるために学校を休んだり、自分を痛めつけたこともあります。
大人になって色々な雑誌を読むようになり、自分より毛の薄い人たちが脱毛したりする記事を見て初めてみんな自分のムダ毛を気にして手入れしているのだということを知り、自分でも手入れするようになりましたが、やはりほかの人より毛深いことから処理する手間が多く、毎日どこかの毛を手入れしなければいけないような状態です。
中年になってホルモンのバランスが変化してからだいぶ薄くはなったものの、それでも同じ年代の人に比べれば毛深いのは変わりません。
今では脱毛技術も進み、医療機関やエステサロンなどで脱毛できる時代になりました。家庭用のムダ毛処理にも光脱毛を応用したものが現れ、若い世代でも手軽にできる時代です。しかし、永久脱毛でなければムダ毛の処理は一生続きます。途中で投げ出したくなる時もあると思います。ちなみに私は梅田にある脱毛サロンに通っています。【脱毛梅田

周囲の人達も毛深いからと言ってばかにするのはやめて欲しいです。毛深いことだけで心を痛めているのにからかわれたりいじめられたりすることでさらに深く傷ついている人も多いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です