山羊のミルクについて

山野・水田畦などに放牧し、自然のよもぎ・くず・すすき・芝など
のんびり食べて、一日中 太陽の光を浴び健康な山羊たち。

そして朝・夕の搾乳は手絞りで、毎日山羊の健康状態を触って観察。
愛情たっぷりに育つ子山羊たち。池田の自然ならではの飼育法です。

山羊のミルクは人の母乳に最も近い成分です。
消化吸収もよく高栄養。
牛乳のようにおなかゴロゴロしません。

また牛乳のアレルゲンのひとつカゼインαs1を含みません。
お子様からお年寄りまで体に優しいミルクです。

山羊のミルクは牛の10分の1しかありません。
また。春に仔山羊を産んで、秋までの期間しか搾乳できません。
貴重なミルクです。

太陽の恵みで育った自然の草を食べ、土を踏み、糞を落とす!
山羊たちは自ら循環し生きています。

 

循環型農業について

私たちは、持続的に有機農業をするために、循環型農業を行っています。
循環型とは、自家製の有機肥料(ぬか・やぎの堆肥など)を使っての
米作り、野菜作り。

そのためには、消費者ともっと密につながって、衣食住の食の部分を共有したいと考えております。
生産者は安心しておいしく食べられるものを作り、消費者は種まきから食卓までを理解して「食」を考えることが、
今の日本に欠けていること。
それが、これからの農業を支える大事なこと。農業で生活できなければいけないということ。
赤毛のアンの里親のマシューやマリラのように。

農業は大変

農業って本当に大変ですよね。自然が相手なので、なかなか思い通りにはいきません。

台風なんか来たら、一発で全てがダメになってしまう場合もありますからね。

一度、超大型台風の影響で全ての農作物がダメになった事があります。

そのため、この年は収入も少なく、銀行からお金を借りてやりくりする日々でしたね。

銀行 お金借りる

農業を始める前は簡単そう、って思ってたんですが、今となっては何よりも大変な仕事なんではないのか?って思うようになりました。

ただ、その分やりがいがあって楽しいんですけどね!